シアヌークビルの特区開発、中国企業と契約

カンボジア財務経済省は18日、南部シアヌークビル州を中国の深センをモデルに多目的経済特区(SEZ)として整備する計画に向け、中国企業とコンサルタント契約を締結した。地元各紙(電子版)が伝えた。 契約を結んだのは、深セン市城市規制設計研究院(UPDIS)。約18カ月…

関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

タイエアアジア、12月にカンボジア便再開へ(11/30)

入国規制の早期緩和、ベトナムと協議(11/30)

上半期の海外直接投資、中国が全体の4割強(11/30)

周辺国から労働者40万人受入れ、政府が計画(11/30)

オクバウ金鉱、累計採掘量が1トン突破(11/29)

来年度予算案、下院が全会一致で可決(11/29)

国道67号線の改修、タイが技術調査を完了(11/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン