【新ラオス法】第33回・電子署名について

1.背景 ラオスでは2019年に電子署名法が施行され、20年に電子署名サービス事業に関する合意が発行されています。コロナ禍において、外国人投資家のラオス入国が難しい状態が続いており、電子契約などの需要は高まっています。今回は、ラオスにおける電子署名の有効性や現状につ…

関連国・地域: ラオス
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中老鉄路の貨物列車、第1便が到着(12/07)

ラオス中国鉄道開通、タイは貿易拡大に期待(12/07)

3~6日はコロナ感染4226人、死者24人(12/07)

中老鉄路が開通、課題山積み 式典には中国国家主席も(12/06)

ラオス中国鉄道が開通、「債務のわな」懸念(12/06)

国家主席があいさつ、46回目の建国記念日(12/06)

中老鉄路、旅客向けの利用規約を公表(12/03)

2日はコロナ感染1333人、死者8人(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン