首都圏の外出禁止地区、82カ所に減少

フィリピン国家警察(PNP)は17日、新型コロナウイルス対策としてマニラ首都圏で実施されている外出禁止地区が82カ所に減ったと明らかにした。感染拡大ペースが鈍化していることが要因。インクワイラーが伝えた。 範囲別では複数の一軒家が38カ所、集合住宅が18カ所、村が13カ…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスが広…(11/29)

14カ国からの入国禁止 新変異株対策、12月15日まで(11/29)

観光客の受け入れ再開中止、新変異株対策(11/29)

新型コロナ感染838人、11カ月ぶり低水準(11/29)

国家接種デー、目標900万回に引き下げ(11/29)

出稼ぎ者の帰国80万人超え、労働省(11/29)

国交省、公共事業省とトンネル管理で協定(11/29)

10~12月のGDP5.3%成長、ING予測(11/29)

アボイティス系、22年の設備投資53%増(11/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン