• 印刷する

ドンドンドンキ、東部タンピネスに11号店

PPIHがドンドンドンキのシンガポール11号店を設置する東部タンピネスの商業施設「タンピネス・ワン」の外観(同社提供)

PPIHがドンドンドンキのシンガポール11号店を設置する東部タンピネスの商業施設「タンピネス・ワン」の外観(同社提供)

総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」などを運営するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)は22日、アジア向けブランド「ドンドンドンキ」のシンガポール11号店を開業する。

傘下のパン・パシフィック・リテールマネジメント(シンガポール)を通じ、東部タンピネスの商業施設「タンピネス・ワン」の2階にオープンする。売り場面積は925平方メートルで、食品、酒、化粧品などを取りそろえる。

新たなコンセプトとして、日本式の屋台ゾーンを設ける。中心部の複合施設「サンテック・シティー・モール」の店舗で取り入れた果物コーナーも導入する。

営業時間は、午前9時~午後11時。開店日の22日は、午前10時にオープンする。

PPIHは2017年12月、繁華街オーチャードの商業施設「オーチャード・セントラル」にドンドンドンキのシンガポール1号店を出店。その後も国内各地で相次いで出店してきた。

海外では、タイ、香港、マカオ、台湾、マレーシア、米国にも店舗を構えている。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

決済コーダ、新たなユニコーンに コロナ下のゲーム需要取り込み(15:56)

金融業界、9400人の雇用創出見込み(18:08)

国内卸売販売額、1~3月は上昇鈍化(18:08)

空港第2ターミナル、29日に運用再開(18:09)

道路通行料改定、30日から一部引き上げ(18:08)

配車グラブ、1~3月期は赤字縮小(18:08)

現代自動車、現地産EVを直営販売か(18:08)

不動産センチュリオン、英で学生寮取得(18:08)

新規感染3775人、3日連続減少(21日)(18:08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン