高齢化社会の到来、早まるか 20年の出生数4%減、少子化進行

マレーシアで、2030年とみられていた高齢化社会の到来が予想よりも早まる可能性が出てきた。20年の出生数は前年比3.6%減の47万195人で、15~49歳の女性が一生の間に産む子どもの平均数を示す合計特殊出生率は1.7に低下した。このまま少子化が進行すれば、高齢化社会への突入が前倒…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ブルサ、デリバティブの時間外取引を開始(14:46)

テイクオフ:多民族国家のマレーシア…(12/07)

日本企業の投資誘致を支援 みずほ銀、投資開発庁と契約(12/07)

新規感染4262人、累計266.3万人(12/07)

ランカウイの外国人受け入れ、8カ国を禁止(12/07)

RM1=26.7円、$1=RM4.23(6日)(12/07)

日揮、ペトロナスから洋上設備の設計受注(12/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン