経済「当面改善せず」が4割 世銀調査、政変にコロナ追い打ち

世界銀行ミャンマー事務所が公表した直近の報告書で、国内企業の約4割が、今年2月の軍事クーデターによる経済への悪影響が、半年先まで改善しないとみていることが分かった。8月までの新型コロナウイルスの感染「第3波」による打撃が追い打ちをかけ、先行き次第で一時的な操業…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品繊維農林・水産その他製造小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

WHO、総会にミャンマー代表の出席認めず(15:49)

現職国連大使が当面留任、ミャンマーとアフガン(10:47)

中国との国境貿易が再開 両国合意、一部検問所のみで(12/02)

スーチー氏を新たに訴追、汚職容疑で(12/02)

訴追のNLD幹部50人超、長期の実刑判決も(12/02)

新規感染471人、前日比で100人余りの増加(12/02)

国際線の新規予約停止、国交省要請(12/02)

全てのコロナ関連規制、12月末まで延長(12/02)

仏タレスは印企業との取引停止を=人権団体(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン