【TSMCとサムスン】サムスンが受託生産を強化 26年までに生産能力3倍強に

サムスン電子が半導体の受託生産(ファウンドリー)強化を本格化する見通しだ。国内外の生産能力を2026年までに、システムLSI事業部からファウンドリー事業部を分離させた17年の3.2倍に拡大する。また、回路線幅の微細化に力を入れる一方、世代の古い工程を活用した「レガシー(…

関連国・地域: 台湾韓国
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:景福宮ににぎわいが戻っ…(10/27)

7~9月GDPは0.3%成長 内需不振で回復鈍化(10/27)

新規感染者1266人、死者15人増(10/27)

EVエコシステムに350億ドルの投資必要(10/27)

豪、日本やEU注力で海外直接投資を多様化へ(10/27)

ワクチン完了42.8万人増、接種率70.9%(10/27)

韓国とフィリピン、FTA交渉が妥結(10/27)

シャープが新世代液晶TV、ミニLED国内勢初(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン