大手企業、資金調達を活発化 1000億ペソ規模、米利上げ見据え

フィリピンの幅広い業種の大手企業が資金調達計画を活発化させている。財閥や発電、石油、外食など産業は多岐にわたり、調達額は計1,000億ペソ(約2,240億円)に迫る。新型コロナウイルス禍の経済対策で低金利が長引いていることを背景に、社債や株式の発行時期を調整しているとみ…

関連国・地域: フィリピン米国
関連業種: 医療・医薬品金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

主要都市の外出制限延長、12月15日まで(11/29)

新型コロナ、新たに665人感染(11/29)

全世界の外国人入国禁止、日本人一律14日間待機(11/30)

アジア各国に不安と失望、日本の外国人入国禁止(11/30)

製菓マンチーズ、フィリピン企業の傘下に(11/30)

亜通利、比の発電所工事など来年契約へ(11/30)

テイクオフ:新型コロナウイルスが広…(11/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン