• 印刷する

OECDの税制改革、政府が積極参加を表明

香港政府は9日、経済協力開発機構(OECD)が8日に発表した税源浸食と利益移転(BEPS)に関する国際課税改革の枠組み(BEPS2.0)とその実施計画を歓迎する声明を出した。国際金融・商業センターとして同改革に積極的に参加し、実施する方針も併せて示した。

政府報道官は、BEPS2.0の主な対象は一部の大規模な多国籍企業で、香港の中小企業に影響はないと説明した。また、香港の法人税に当たる利得税の標準税率は16.5%で、国際的に競争力があると指摘。改革の実施により、該当する多国籍企業を対象に最低実効税率が15%になるため、香港はより公平な税務環境下で競争力を強化できるとの見方を示した。

BEPS2.0は2つの柱で構成される。1つ目の柱は、世界での売上高が年200億ユーロ(約2兆6,000億円)を超え、利益率が10%を上回る多国籍企業が対象。利益率が10%を超える部分の一部について、課税権を各市場に配分する。

2つ目の柱は国際的な最低法人税率の導入で、対象になるのは世界での売上高が年7億5,000万ユーロを超える多国籍企業。事業を展開している国・地域で法人税率が15%未満のところがある場合、親会社または子会社が本社を置く国・地域で不足税額が課税される。

BEPS2.0はこれまでに香港を含む世界136カ国・地域が参加を表明した。参加各国・地域での2023年の実施を目指している。


関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

営業制限を2月3日まで継続 規制の春節、経済対策は36億ドル(01/17)

春節の花市、感染拡大懸念で中止に(01/17)

週末3日で25人の感染確認、域内は8人(01/17)

パーティションは換気の妨げ=香港大の梁氏(01/17)

カジノ業法改正案決定、免許期間は原則10年(01/17)

小反落、ハンセン指数は0.2%安=香港株式(01/17)

アント・バンク、今年は融資業務に注力(01/17)

会員85%がプラス成長予測、英会計士団体(01/17)

21年の企業設立11万社、総数は1.2万社減少(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン