• 印刷する

テイクオフ:「インドネシアは1日が…

「インドネシアは1日が長くていいね」。日本に住むめいと電話で話をしたときのことだ。日本では夕食の時間だがインドネシアではまだ夕方だと言うと、インドネシアは1日の時間が2時間長いと考えたようだ。時差はまだ理解できないらしい。

残念ながら、どこに住んでいても1日の長さに変わりはない。しかしコロナ下の在宅勤務で生活空間と仕事場所に変化がないせいか、メリハリがなくなってくると、時間が流れる感覚がまひし、気が付けばもう夕方ということも。

自宅の仕事環境を整えようと、マウスを変えたり、スタンディングデスクを導入したり試行錯誤を繰り返す。マウスは手になじんできたものの、長時間立った姿勢での仕事は、運動不足もたたり筋肉痛で足が悲鳴を上げる。生産性と体力向上の一石二鳥につながればいいが、先はまだ長そうだ。(高)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ECショッピー、1600人超を新規採用へ(17:26)

バリ島、国際線受け入れ再開も到着なし(11:45)

新たな入国条件で混乱、搭乗予定の変更も(11:46)

自動車奢侈税改正令が施行 EVシフト、一般車影響は来年か(10/15)

隔離5日に短縮、ワクチン接種は出発14日前(10/15)

バンドン高速鉄道、中国の融資実施27億ドル(10/15)

UOBが建物省エネに融資、東南ア4カ国で(10/15)

CO2排出ゼロに毎年2千億ドルの投資必要(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン