第12次マレーシア計画発表 25年の高所得国入り目指す

マレーシアのイスマイルサブリ・ヤーコブ首相は27日、国家開発の新たな5カ年計画となる「第12次マレーシア計画(12MP)」(2021~25年)を発表した。「経済の再生」「治安・福祉・包摂性の強化」「持続可能性の追求」の3つを柱に据え、公共投資などの開発支出に5年間で4,000億…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:首都圏では先週から新型…(10/27)

雇用法の改正案が国会に提出 差別や強制労働禁止などに重点(10/27)

新規感染5726人、累計244.2万人(10/27)

【食とインバウンド】拡大する「サスティナブルツーリズム」(10/27)

サイムダービー、BMWの4Sセンター着工(10/27)

RM1=27.5円、$1=RM4.15(26日)(10/27)

ランカウイへの観光、全ての国から受け入れ(10/27)

シノバック製で12歳未満の第3相治験へ(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン