• 印刷する

テイクオフ:1980年代に広州で一…

1980年代に広州で一世を風靡(ふうび)した炭酸飲料といえば「華洋1982」。よく利用する食品ECサイトで見つけるや、早速取り寄せた。味はオレンジ、ライチなど4種類で、いずれも低糖、ゼロ脂肪。瓶のラベルがポップでかわいく、「映え」そうだ。4倍果汁と銘打つだけあって、しゅわしゅわっと喉を潤しながらもちゃんと果物の味がする。

華洋は80年代、北京の炭酸飲料「北冰洋」と合わせて「南北二洋」と並び称された老舗ブランド。だが90年代に入ると、海外ブランドの勢いに押し流され、いつしか消えてしまった歴史がある。復刻版が始動したのは昨年のことだ。

中国では、数年前から各地で炭酸飲料の復刻版が相次ぎ、武漢の「二廠」、陝西の「冰峰」、青島の「ロウ山可楽」などが人気を集めているそうだ。各地から取り寄せて飲み比べるのが、最近のひそかな楽しみになりつつある。(優)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:秋の紅葉を満喫する旅だ…(10/26)

【日本の税務】海外赴任帯同に伴う失業給付の受給延長について(10/26)

広がる新たな国内感染の波 170人超え、ブースター強化へ(10/26)

国内感染、内モンゴルなど35人(10/26)

物流混乱がXマス商戦に影響、業界に不安(10/26)

不動産税収入は最高10兆円、研究機関予測(10/26)

コロナ検査陽性率、3カ月半ぶりに5%切る(10/26)

政府が産業転換に注力、低炭素化に向け(10/26)

石炭の中長期供給契約を要請、市場安定へ(10/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン