• 印刷する

電動車ヒーロー、新興と提携で充電所1万カ所

インドの電動二輪車メーカー、ヒーロー・エレクトリックは24日、電動車の充電システムを手掛ける新興マッシブ・モビリティーと提携し、全国1万カ所に電動車の充電所を設置すると発表した。他社の製品を含めた全ての電動車に対応した充電所を整備する。

マッシブ・モビリティーは、電動の三輪車や二輪車など主に商用向けの充電システムの設計に取り組む新興企業。クラウドを活用したシステムで、完成車メーカーとも連携して利用者に快適な充電を提供する。

両社が共同で実施した調査によると、消費者は支払いや使用状況の管理ができるアプリと連携した充電所を求めている。

マッシブ・モビリティーの共同創業者であるシャイレシュ・シン氏は、「場所の確認、予約、支払いを充電所と統合することで、ヒーローの顧客に円滑な充電体験を提供できる」と述べた。

ヒーローのソヒンダー・ギル最高経営責任者(CEO)によると、同社は現在までに、1,650カ所に充電所を設置した。2022年末までに2万カ所の設置を目指している。

ヒーロー・エレクトリックのソヒンダー・ギルCEO(同社提供)

ヒーロー・エレクトリックのソヒンダー・ギルCEO(同社提供)


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車電機マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

インドのエアコン輸入禁止、WTO提起へ(15:50)

テイクオフ:米電気自動車(EV)大…(01/17)

21年車販売、28%増の376万台 プラス転換も半導体不足が重し(01/17)

新型コロナ経口薬、5月にも国内生産へ(01/17)

21年二輪販売、前年比ほぼ横ばいの1447万台(01/17)

蓄電分野の生産奨励制度、10社が参加申請(01/17)

電力省、EV充電施設の指針改定(01/17)

政府、計6エアバッグ設置義務化を検討(01/17)

配車・配達業者に電動車義務化、デリーが方針(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン