コロナ遺伝情報持つコウモリ、北部で発見

ラオス北部でこのほど、新型コロナウイルスに類似した遺伝情報を持つコウモリが発見された。仏パスツール研究所の研究者らが発見し、詳細情報を学術サイトのリサーチ・スクエアが掲載した。新型コロナの原因となったウイルスが自然界に存在することを裏付ける証拠として注目されて…

関連国・地域: 中国タイカンボジアラオス
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

26日は770人超、3人死亡確認(10/27)

ワクチン接種証明、QRコード付きを発行(10/27)

【新ラオス法】第33回・電子署名について(10/27)

観光業回復への行程表、政府が発表(10/26)

22~25日は2千人超、コロナ感染(10/26)

【日本の税務】海外赴任帯同に伴う失業給付の受給延長について(10/26)

肉牛の育成を強化、中国への輸出拡大へ(10/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン