タイCP、上海の大型採卵養鶏場を稼働

タイの大手財閥チャロン・ポカパン(CP)グループは、上海市崇明区に建設したアジア最大規模の採卵養鶏場を稼働した。ネットメディアの澎湃新聞が23日伝えた。 稼働第1弾として飼育を始めた17万羽の1日の鶏卵生産量は2万個で、来月中旬には1日16万4,000個に達する見通し。年…

関連国・地域: 中国-上海タイ
関連業種: 食品・飲料農林・水産建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:近頃、上海はめっきり肌…(10/19)

マカオと珠海、隔離なし往来を再開(10/19)

7~9月GDPは4.9%成長 前四半期から鈍化、複数の悪材料(10/19)

9月の主要経済指標が軟調、工業3%増(10/19)

工業設備稼働率、7~9月は77.1%に下落(10/19)

1~9月の鉄鋼輸出量41%増、欧米数倍に(10/19)

9月のエネルギー生産、原炭は0.9%減(10/19)

プレミアム物流センター、香港空港に整備(10/19)

5千万kWの風電開発へ、政府・企業が計画(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン