外食従業員の接種広がる 1回目9割超え、業績回復へ

フィリピンの外食大手が従業員への新型コロナウイルスワクチン接種を拡大している。マニラ首都圏で実施されている新たな外出・移動制限措置で営業条件に従業員への接種が求められていることが背景にあり、既に1回目の接種が9割を超えた企業もある。各社は早期接種により利用客に…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品サービスマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

主要都市の外出制限延長、12月15日まで(11/29)

新型コロナ、新たに665人感染(11/29)

全世界の外国人入国禁止、日本人一律14日間待機(11/30)

アジア各国に不安と失望、日本の外国人入国禁止(11/30)

製菓マンチーズ、フィリピン企業の傘下に(11/30)

亜通利、比の発電所工事など来年契約へ(11/30)

テイクオフ:新型コロナウイルスが広…(11/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン