• 印刷する

電動車ヒーロー、北部工場の生産能力50万台に

インドの電動二輪車メーカー、ヒーロー・エレクトリックは22日、北部パンジャブ州ルディアナに置く工場の年産能力を来年3月までに現在の5倍となる50万台以上に強化すると明らかにした。電動二輪需要の高まりに対応する。

中央政府のエコカー普及支援制度「電気自動車(EV)生産・普及促進(FAME)インディア」第2期(FAME2期)や州政府の補助金制度の導入、新型コロナウイルス感染拡大状況の改善などを背景に、過去数カ月間で電動二輪車需要が急拡大している。この需要を取り込むべく同社は生産能力を増強する方針だ。

同社は、26年までに電動二輪車の年産能力を500万台に引き上げる計画も掲げている。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドではコロナ禍で多…(10/27)

祭事期のスマホ需要旺盛 半導体不足も、5千万台販売か(10/27)

軸受けNTNの競争委調査、違反なしで終結(10/27)

タタ傘下JLR、3工場で生産を一時的停止(10/27)

トヨタ、印工場での100%炭素中立を達成(10/27)

中国系LEVC、インドにEVタクシー投入(10/27)

電力タタ、EVの充電所が1千カ所突破(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン