新国連大使を任命意向、タリバン

【ニューヨーク共同】アフガニスタンで暫定政権を樹立したイスラム主義組織タリバンが、報道担当のスハイル・シャヒーン氏を新たな国連大使として任命したいとの意向を国連に書簡で伝達したことが21日、分かった。ロイター通信が報じた。 現在は、崩壊したガニ元政権のイサクザイ…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

ASEAN首脳会議が開幕、ミャンマー出席せず(11:18)

国連、ミャンマー新特使にヘイザー氏任命(10:45)

デモ死者の6割がミャンマー 米機関調査、世界総数押し上げる(10/26)

外務省高官を招待、ASEAN首脳会議(10/26)

【日本の税務】海外赴任帯同に伴う失業給付の受給延長について(10/26)

可能な限りASEANに協力、国軍が声明(10/26)

国連特別報告者が制裁呼び掛け、国軍は反発(10/26)

コロナ検査陽性率、3カ月半ぶりに5%切る(10/26)

国内線搭乗者に陰性証明提示義務、保健省(10/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン