• 印刷する

POS、日本など56カ国への国際郵便再開

マレーシアの郵便・物流事業者ポス・マレーシア(POS)は22日、日本など海外56カ国・地域向けの国際郵便サービスを再開したと発表した。

対象となるのは、航空便の郵便、小包、(重さ2キログラムまでの)「フレキシパック」、航空便の小包。発送先は、日本のほか、英国、オーストラリア、中国、香港、台湾、韓国、シンガポール、タイ、インドネシア、フィリピンなどとなっている。

POSは発送先が56カ国・地域に限定されている理由について「新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)によって、利用できる飛行機の国際線が限られているため」と説明し、今後対象国が増える可能性もあるとしている。

国際スピード郵便(EMS)については、今年3月からすでに再開している。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:首都圏では先週から新型…(10/27)

雇用法の改正案が国会に提出 差別や強制労働禁止などに重点(10/27)

新規感染5726人、累計244.2万人(10/27)

【食とインバウンド】拡大する「サスティナブルツーリズム」(10/27)

サイムダービー、BMWの4Sセンター着工(10/27)

RM1=27.5円、$1=RM4.15(26日)(10/27)

ランカウイへの観光、全ての国から受け入れ(10/27)

シノバック製で12歳未満の第3相治験へ(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン