• 印刷する

テイクオフ:2009年に8年暮らし…

2009年に8年暮らした英ロンドンを離れる直前、行きつけだった近所のイタリアンレストランに足を運んだ。それまで店員と特に会話を交わしたことはなかったが、「日本に帰るので、今日が最後です」と言うと、残念がってワインをサービスしてくれた。聞けば、イタリア人とばかり思っていた店員らはアフガニスタン出身だった。

当時、アフガンは米同時テロ後の米国の侵攻で長引く紛争状態にあった。どういう経緯でロンドンに来たかは聞かなかったが、祖国を離れざるを得なかったことが想像できた。同地では深夜に乗ったタクシーの運転手がやはりアフガン人だったこともある。

そのアフガンでは先月にタリバンが実権を掌握し、民主政権が崩壊した。2月には、ミャンマーでも国軍のクーデターによる政変が起きている。コロナ禍に揺れる中、世界はどこへ向かっているのだろう。(葛)


関連国・地域: ミャンマー日本欧州
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

医療保険、DXで顧客層拡大 東京海上、国内初の専用アプリ(10/26)

観光再開、日本人も受け入れ 46カ国・地域対象に入国隔離免除(10/26)

アンテナ店やECで販売推進 石川県、BtoC事業を強化(10/26)

【日本の税務】海外赴任帯同に伴う失業給付の受給延長について(10/26)

シャープがネット販売本格化 新サイト開設、家電以外も(10/26)

大幅減産で納車遅れ深刻、中古へ流出(10/26)

パナがEV用新電池を公開、容量5倍(10/26)

楽天カード、システム開発会社設立(10/26)

1~9月の新車販売、前年並みの53万台(10/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン