9月に入り4800万ドル、4度目の為替介入

ミャンマー中央銀行は22日、通貨チャットを買い支えるための米ドル売り介入を実施したと発表した。9月に入ってから4度目で、月初からの介入額は合わせて4,800万米ドル(約52億6,000万円)になった。 中銀は、入札方式で米ドルを販売する形で介入を行っており、22日の売却額は1,…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ASEAN会議排除に不満、国軍トップ(10/18)

国軍除外で連携、インドネシアとマレーシア(10/18)

民主派政府、首脳会議参加者の選定にけん制(10/18)

国軍と闘争「やむを得ず」、民主派副大統領(10/18)

新規感染1002人、6月末以降で最少(10/18)

総司令官、TV演説で首脳会議排除に不満(10/18)

東南ア車販売、8月は17万台 前月比2%増、5カ月ぶりプラス(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン