• 印刷する

首都空港の到着客向けに民間コロナ検査場

マレーシアの空港運営会社マレーシア・エアポーツ・ホールディングス(MAHB)は20日、クアラルンプール国際空港(KLIA)のメーンターミナルと格安航空会社(LCC)専用ターミナル(KLIA2)に国際線の到着客向けの新型コロナウイルスの民間検査場を計8カ所開設すると発表した。一部はすでに19日に運用を開始したという。

検査場はメーンターミナルの5カ所、KLIA2の3カ所に段階的に開設。迅速抗原検査、迅速分子(Rapid Molecular)PCR検査、RT―PCR検査を受けることができ、結果はそれぞれ15分、1時間、3時間で判明する。

運営業者はBPクリニカルラボで、全体で1日当たり4万5,000件程度の検査が可能。検査費用はマレーシア人で90~370リンギ(約2,360~9,700円)、外国人で120~470リンギとなる。

民間検査場の開設は今後の渡航規制緩和を見越したもので、MAHBのザンブリー・アブドゥル・カディル会長は「海外旅行が再開されれば、民間検査場がより多くの旅客の安全な旅行を促進するのは確実だ」と述べた。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:首都圏では先週から新型…(10/27)

雇用法の改正案が国会に提出 差別や強制労働禁止などに重点(10/27)

新規感染5726人、累計244.2万人(10/27)

【食とインバウンド】拡大する「サスティナブルツーリズム」(10/27)

サイムダービー、BMWの4Sセンター着工(10/27)

RM1=27.5円、$1=RM4.15(26日)(10/27)

ランカウイへの観光、全ての国から受け入れ(10/27)

シノバック製で12歳未満の第3相治験へ(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン