豪小売りのECシェア拡大へ、店舗見直しも

オーストラリアの小売売上高のうち、電子商取引(EC)が占める割合が向こう10年間で21%に達し、現在の13%、新型コロナウイルス流行前の7%から大幅に拡大する見通しだ。小売業界は新店舗よりもITへの投資が必要となり、今後は計画見直しにより店舗数が純増とならない可能性…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 食品・飲料IT・通信小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オージーの友人に、仮想…(10/26)

【日本の税務】海外赴任帯同に伴う失業給付の受給延長について(10/26)

豪、ネットゼロ目標固まる 豪自由党と国民党が合意(10/26)

豪、50年実質ゼロには拠出大幅増が必要(10/26)

〔政治スポットライト〕与党支持率、過去3年間の最低に(10/26)

小売りクリスマス商戦、売上高11.3%増見込み(10/26)

豪飲食・小売業、年末に向け人材不足悪化へ(10/26)

シドニー封鎖解除後の支出、業界により明暗(10/26)

郵便局、小包急増で能力増強に4億$投資(10/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン