• 印刷する

《安全》新規感染者1.27万人、死者は106人(20日)

タイ政府の新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)は20日、新型コロナの感染者が新たに1万2,709人確認されたと発表した。前日から約870人減少した。このうち市中感染者は1万1,840人。死者は106人と、9日連続で200人を下回った。

感染者のうち、1万962人が医療機関の検査で、878人が積極的疫学調査で、858人が刑務所・拘置所で確認された。それ以外の11人は、海外からの帰国・入国者だった。

市中感染者を地域別にみると、首都バンコクが2,831人で最多となった。バンコク以外で1,000人を超えた県はなく、バンコク東郊サムットプラカン県が942人、東部チョンブリ県が532人、同ラヨーン県が451人、深南部ヤラー県が440人で続いた。

死者は28~96歳の男性64人、女性42人。ミャンマー人3人が含まれていた。地域別にみると、バンコクが22人、サムットプラカン県が13人など。

累計の感染者は148万9,186人、回復者は前日から1万1,125人増えて134万1,144人。死者は1万5,469人となった。

19日には10万9,439人が1回目のワクチン接種を、14万6,698人が2回目の接種を完了。225人が3回目となるブースター接種(追加接種)を受けた。累計の接種回数は4,474万2,049回となった。

■抗原検査、報告率わずか6%

国家保健保障事務局(NHSO)は、新型コロナの感染リスクが高い市民を対象に今月16日から配布している抗原検査キット(ATK)について、結果の報告率がわずか6%にとどまっていると明らかにした。ネーションが20日伝えた。

NHSOによると、16日以降に6万691人に抗原検査キット12万1,922個を配布。しかし、結果の報告件数は19日時点で6,947件と、配布した検査キットのわずか6%にとどまっている。このうち54人が陽性だったという。

NHSOは、◇60歳以上の高齢者◇寝たきりの患者◇身体障害者◇7種類の基礎疾患がある人◇発熱、せきの症状や嗅覚・味覚の喪失、呼吸困難の症状がある人◇感染者の同居者◇地域のコーディネーターを務める人――を対象に抗原検査キットを配布。積極的な患者発見により、陽性者に早めの自己隔離を求めることを狙いとしている。


関連国・地域: タイ
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自分の銀行口座の残高が…(10/26)

観光再開、日本人も受け入れ 46カ国・地域対象に入国隔離免除(10/26)

【日本の税務】海外赴任帯同に伴う失業給付の受給延長について(10/26)

11月1日からの隔離免除対象国・地域(表)(10/26)

感染者8675人、7日連続で1万人割る(25日)(10/26)

1~9月の新車販売、前年並みの53万台(10/26)

2021年9月のタイの新車販売台数(表)(10/26)

ペトロナス小売部門、タイ事業を売却(10/26)

政府が税制以外でもEV産業支援を強化(10/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン