【2050年炭素中立】炭素中立と経済成長を両立 環境相「韓国をグリーンハブに」

2050年までに二酸化炭素(CO2)の排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル(炭素中立)」が8月31日に法制化された韓国。韓貞愛(ハン・ジョンエ)環境相はこのほどソウルでNNAなどと会見し、炭素中立と経済成長の両立は可能だとの見解を示した。韓環境相はまた、「脱…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者1073人、死者21人増(18:18)

ワクチン完了62.9万人増、接種率65.9%(14:30)

ポスコ、豪の天然ガス社と買収交渉(18:18)

テイクオフ:サムスン電子株を保有す…(10/19)

輸出管理厳格化の影響軽微 韓国全経連、岸田政権に撤回要望(10/19)

新規感染者1050人、10日連続2千人未満(10/19)

ワクチン完了1.9万人増、接種率64.6%(10/19)

韓国のTPP参加、今月末にも結論か(10/19)

米国からの情報要請、洪副首相が懸念表明(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン