民主派女性2人、世界で影響力ある100人に

米タイム誌が選ぶ、2021年の「世界で最も影響力のある100人」に、クーデターが起きたミャンマーで国軍に抗議する、民主派の少数民族女性2人が選ばれた。 市民団体の幹部を務め移動図書館の推進などに携わるエスター・ゼ・ナウ・バウヴォ氏と、民主派がつくる「挙国一致政府(NU…

関連国・地域: ミャンマー日本米国
関連業種: メディア・娯楽社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

米国務省顧問が訪日へ、ミャンマー情勢協議(13:49)

スー・チー氏面会要請か、訪問の障害と軍政(13:49)

独ケンピンスキー、首都のホテル営業を停止(13:50)

軍トップ首脳会議招かず、ASEAN最終調整(13:44)

首脳会議に軍トップ呼ばず、ASEAN発表(10/16)

新規感染1514人、前日比59人減(10:40)

経済「当面改善せず」が4割 世銀調査、政変にコロナ追い打ち(10/15)

ASEANが緊急外相会議、軍政の対応協議(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン