【グラフでみるASEAN】輸出額(7月)6カ国全てでプラス、2カ月連続

東南アジア諸国連合(ASEAN)の2021年7月の輸出額は、主要6カ国全て前年同月を上回った。6カ国全てでプラス成長となるのは2カ月連続。各国とも、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で前年同月に低迷していた反動が出た。伸び率が最大となったのはインドネシアで、29…

関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

オーツミルクの欧社、北部で生産工場開業(10/15)

新規感染2932人、20代と30代の死者も(14日)(10/15)

7~9月期の成長率6.5% 反動増で高水準、今後も回復基調(10/15)

グラブと米社、デジタル・金融包摂促進へ(10/15)

金融政策、2年半ぶり「引き締め」に(10/15)

UOBが建物省エネに融資、東南ア4カ国で(10/15)

損保ジャパン現法、施設点検にドローン活用(10/15)

商船三井のCVC、現地ファンドに出資(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン