国軍の大使館売却は違法、民主派政府が主張

ミャンマーの民主派による「挙国一致政府(NUG)」は、国軍の最高意思決定機関「国家統治評議会(SAC)」による在外公館の建物や土地の売却は違法行為であるとの声明を出した。SACが東京の駐日ミャンマー大使館の一部売却を模索しているとの情報を受けての対応。電子メデ…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 建設・不動産政治


その他記事

すべての文頭を開く

印アダニが港湾開発撤退へ 来春結論、軍系からリースと非難(10/29)

韓国ポスコ、シュエガス田開発への投資継続(10/29)

米中対立に相次ぎ懸念表明、ASEAN各国(10/29)

新規感染1千人、ヤンゴンなど外出自粛解除(10/29)

ロシア訪問団、軍政閣僚らと経済協力で協議(10/29)

民主派、10億ドル相当の「革命国債」発行へ(10/29)

パーム油価格、1カ月で1割下落(10/29)

中部で行政官40人辞任、武装市民の警告受け(10/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン