• 印刷する

ベトテル、5Gデータ通信速度の倍増に成功

ベトナムの通信大手、ベトナム軍隊通信グループ(ベトテル)は15日、同社の技術研究開発施設イノベーション・ラボで、第5世代(5G)移動通信システムのデータ通信速度のテストを実施し、4.7ギガビット毎秒(Gbps)の達成に成功した。4Gの40倍、現行の5Gの2倍の速度に相当する。15日付トイバオ・タイチン電子版が報じた。

テストには、スウェーデンの通信機器大手エリクソンと米半導体大手クアルコム子会社のクアルコム・テクノロジーズが協力した。3社の研究グループは、ミリ波の帯域幅800メガヘルツ(MHz)上でEN―DC(E―UTRA New Radio Dual Connectivity)と呼ばれる技術を使って、この通信速度を達成した。エリクソンの無線機とクアルコムの5Gモデムチップ「スナップドラゴンX60」を搭載した端末を使用した。

ベトテル・ネットワークスのダオ・スアン・ブー最高経営責任者(CEO)は、「今回の成功はベトテルの5Gネットワークシステムの効率向上に貢献する。5Gをはじめとするテクノロジー4.0の利便性を体験できるよう、さらに技術開発を推し進めたい」と話した。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

景況指数、先行きに薄明かり SMBC調査、8月は大幅低下(10/15)

市中感染4147人増、4波累計84.9万人(10/15)

今年の成長率2~2.5%、世銀が下方修正(10/15)

ホーチミン市、低コスト住宅100万戸を検討(10/15)

国内線の需要低迷続く、各便が運休(10/15)

バンブー航空、米定期便の運航会社に指定へ(10/15)

カンボジア航路貨物、とん税など大幅引下げ(10/15)

第2回国会は20日開幕、来月13日まで(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン