ファウンドリー、4Q発注取消も=米投資銀

米金融大手モルガン・スタンレーはこのほど発表したリポートで、第4四半期(10~12月)にも台湾ファウンドリー(半導体の受託製造)各社に対し、発注の取り消しが相次ぐ可能性があるとの懸念を示した。台湾積体電路製造(TSMC)や力晶積成電子製造(力積電、PSMC)が影響…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染、27日はゼロ(15:11)

テイクオフ:「ヘイシリ、タイマー3…(10/27)

台湾セメントが電池生産強化 120億元投資、背景に脱炭素社会(10/27)

新型コロナの域内感染、26日はゼロ(10/27)

オムロン、ロボットの達明機器人に出資(10/27)

パネル供給過多、来年1Qに過去最高水準に(10/27)

エイサー、クロームブック市場で世界2位(10/27)

受動部品の佳邦科技、竹南第2工場で上棟式(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン