数次査証発給、祖先がラオス人の海外在住者

ラオス政府は、祖先にラオス国籍者を持つ海外在住者を対象に数次査証(マルチビザ)の発給を開始する。パンカム首相が先ごろ、首相令に署名した。ラオス・タイムズ(電子版)が15日に伝えた。 マルチビザによる滞在可能期間を1回90日とした。この期間を超える場合には、国内に居…

関連国・地域: ラオス
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

政府高官向けEV、年内に調達へ(10/28)

27日の感染733人、3人死亡確認(10/28)

26日は770人超、3人死亡確認(10/27)

ワクチン接種証明、QRコード付きを発行(10/27)

【新ラオス法】第33回・電子署名について(10/27)

観光業回復への行程表、政府が発表(10/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン