バンブー航空、東京便など再開に向け発券

ベトナムの不動産開発大手FLCグループが出資する航空会社バンブー航空は、コロナ禍の影響で運休していたハノイ―東京、台北、ソウル線の11月定期運航再開に向けて、今月からチケットを販売している。各路線とも当面は週1便運航する。13日付タインニエン電子版が報じた。 この…

関連国・地域: 台湾韓国ベトナム日本
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

ECショッピー、1600人超を新規採用へ(17:26)

景況指数、先行きに薄明かり SMBC調査、8月は大幅低下(10/15)

市中感染4147人増、4波累計84.9万人(10/15)

今年の成長率2~2.5%、世銀が下方修正(10/15)

ホーチミン市、低コスト住宅100万戸を検討(10/15)

国内線の需要低迷続く、各便が運休(10/15)

バンブー航空、米定期便の運航会社に指定へ(10/15)

カンボジア航路貨物、とん税など大幅引下げ(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン