生産見通しがコロナ前に回復 コストの上昇が制約=商工会

インド商工会議所連合会(FICCI)が製造企業を対象に実施した調査によると、2021/22年度第2四半期(21年7~9月)の生産量について、回答企業の61%が前年同期比で「増える」と予測した。予測値は新型コロナウイルス感染拡大前の18/19年度第2四半期の水準まで回復した。一…

関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:初めてのインドでの賃貸…(10/26)

【日本の税務】海外赴任帯同に伴う失業給付の受給延長について(10/26)

IT大手7~9月も増収増益 需要継続、成長予測引き上げも(10/26)

ゴダワリ、電動車工場整備に15億ルピー(10/26)

今年の乗用車販売、半導体不足で最大45万台減(10/26)

コロナ検査陽性率、3カ月半ぶりに5%切る(10/26)

L&T、再エネ導入などに最大500億ルピー(10/26)

印ITのHCL、高卒者2600人を研修後採用(10/26)

複合リライアンス、7~9月は5割増収(10/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン