• 印刷する

米系企業の2割、他国に一部生産移管

在ベトナム米国商工会議所(AmCham)が8月23~25日に実施した調査で、会員企業の2割が「他国への一部生産移管を実施済み」と答えた。南部を中心とする新型コロナウイルスの感染拡大で操業継続が厳しい状態が続き、3週間前の調査時と比べて他国へのシフトを検討する企業の割合がやや上昇した。

他国への生産移管の検討状況を聞いたところ、「一部実施済み」との回答の割合が前回から2ポイント上昇の20%、「議論中」が2ポイント上昇の14%となった。「検討なし」は4ポイント低下の66%だった。

各地で新型コロナ対策の事実上のロックダウン(都市封鎖)が実施される中の事業活動状況を聞いたところ、「通常通り操業できている」は回答企業の15%にとどまった。一時的な事業縮小・停止の度合いは、「25%未満の縮小」が15%、「25%以上50%未満の縮小」が22%、「51%以上75%未満の縮小」が20%、「76%以上95%未満の縮小」が16%、「停止・ごく一部のみ継続」が13%だった。

事業継続とサプライチェーン(調達・供給網)安定化のために何が懸念事項となっているかを聞いたところ(複数回答)、「従業員への新型コロナウイルスワクチン接種」が80%と最も多く、「物流規制」が72%、「港湾の規制・停止」が56%と続いた。社会隔離措置が導入されている地域で製造業の操業継続規制として導入されている従業員の「労・食・住」の集約(工場隔離)に関する支援、当局承認、宿泊場所の確保に関する懸念も示された。

南部各地の移動規制によりどのような障害が出ているかでは、「通行規制」が61%、「(輸送が認められている)『必需品』への理解不足」が24%だった。

今後の経済再開に向けて何が重要かとの質問に対しては、85%が「さらなるワクチン接種と集団免疫の獲得」と答えた。


関連国・地域: ベトナム米国
関連業種: 医療・医薬品その他製造運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

貸出金利下げ、16行で千億円 年末まで、事業の再開後押し(09/28)

【日本の税務】非居住者が役員昇格時に受け取る退職金への課税について(09/28)

市中感染9342人増、4波累計76.1万人(09/28)

効果的な企業支援の実施へ6提案、計投相(09/28)

換気事業の売上高3割増へ、パナ25年度(09/28)

ドンナイ省、工場操業再開の暫定指針発表(09/28)

ビンフオック省、経済回復へ投資優遇を準備(09/28)

23年まで復興期、計投省が経済回復計画議論(09/28)

IAEA、新理事国の1つにベトナム選出(09/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン