【為替マーケット分析】鳩を説く鷹、レースに参戦

■これまでの動き 週明け9月6日(月)、前週末の菅義偉首相による退陣意向表明を受けて、次期新政権への政策期待から東証株価指数(TOPIX)は約31年ぶりの高値を更新。為替は米国祝日のため動意は薄く、豪ドルは0.74米ドル台前半から半ばで大人しく推移。 7日(火)、オ…

関連国・地域: オーストラリア日本米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:犬を飼いたいとかねがね…(12/07)

海外航空便の予約、41%増加 豪州、渡航自由化で拍車(12/07)

クリスマス休暇延長企業多数、有休消化促進(12/07)

サプライチェーン混乱、半年は続く=トール(12/07)

〔政治スポットライト〕NSW前首相が連邦選出馬か、豪首相が要請(12/07)

豪2州、新変異株増だけでの都市封鎖なし(12/07)

豪娯楽業の賠償責任保険が高騰、運営危機(12/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン