アリババ、「共同富裕」に1.7兆円投入へ

中国電子商取引(EC)最大手の阿里巴巴集団(浙江省杭州市、アリババグループ)は3日、貧富の差を是正する「共同富裕」に向けて、2025年までに累計1,000億元(約1兆7,000億円)を投入する方針を発表した。 アリババは◇地域のデジタル化推進◇中小零細企業の成長支援◇農業の…

関連国・地域: 中国-浙江
関連業種: 医療・医薬品農林・水産IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

NEVバッテリー、1~9月販売が2.8倍(16:11)

HCM、国際金融センター目指し上海と協力(19:14)

【アジア本NOW】『中国料理の世界史 美食のナショナリズムをこえて』(16:52)

越境理財通の商品販売始まる 認可銀行、ビジネス拡大に意欲(10/20)

テイクオフ:この夏、上海出身の中国…(10/20)

充電インフラの需要急拡大 NEV普及で、30年に市場30倍へ(10/20)

シアヌークビルの特区開発、中国企業と契約(10/20)

北京が外資参入規制を一部緩和、VPNなど(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン