• 印刷する

日本人ワクチン接種、首都で対象40歳未満に

在タイ日本大使館は2日、首都バンコクと東部チョンブリ県シラチャーで実施されている日本人を対象とした新型コロナウイルス感染症のワクチン接種について、6日から対象年齢が40歳未満に順次拡大されると発表した。18歳以上が対象となる。

接種を実施するのは、バンコクのサミティヴェート病院スクムビット、メドパーク病院、セーリーラック病院、シーナカリン病院、シラチャーのサミティヴェート病院シラチャー。病院によって登録方法や接種開始日、終了日が異なる。

バンコクのバムルンラード・インターナショナル病院、BNH病院、バンコク病院では現在、日本人専用接種プログラムの新規登録受け付けを停止している。

北部チェンマイ県で実施されている日本人専用接種プログラムでは、8月31日から対象年齢が40歳以上に拡大された。チェンマイ・ラム病院とラジャウェー・チェンマイ病院で接種を実施している。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

3空港高速鉄道、来年1月に着工見通し(06/24)

電子部品の余剰在庫ゼロへ 商社コアスタッフ、委託販売開始(06/24)

新規の感染者2299人、死者は18人(23日)(06/24)

〔アジア人事〕ゼロなど(06/24)

5月車輸出は3%減の7.7万台、バイクは増(06/24)

5月の車生産は8%減、乗用車が不振(06/24)

ラオスから電力輸入開始、4カ国間取引で(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン