周生生の中間期、本土市場回復で純利益2.5倍

香港宝飾品販売大手、周生生集団国際が26日発表した2021年6月中間期連結決算は、純利益が前年同期の約2.5倍となる5億3,600万HKドル(約75億7,000万円)だった。中国本土を中心に売り上げが回復し、利益を押し上げた。 売上高は69.1%増の108億2,500万HKドル。うち主力の宝飾品・…

関連国・地域: 中国香港マカオ
関連業種: 鉄鋼・金属小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

マカオLRTが半年間運休に 電力系に欠陥、三菱重が全面交換(10/19)

マカオと珠海、隔離なし往来を再開(10/19)

新たに5人感染、域内ゼロ=累計1万2299人(10/19)

続伸、ハンセン指数は0.3%高=香港株式(10/19)

電力値上げ不可避、脱炭素化で=環境局長(10/19)

新興データセンター運営社、バタム島に投資(10/19)

プレミアム物流センター、香港空港に整備(10/19)

9月の空港統計、旅客は127.4%増(10/19)

9月の香港旅客数、8.2%増の9879人(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン