工場防疫措置、不透明な運用 バブル&シールに戸惑う企業も

タイでは、新型コロナウイルス感染症のクラスター(感染者集団)により、一部の工場で生産停止せざるを得ない状況が続いている。タイ政府は今月、工場の防疫措置を強化する方針を表明。首都バンコクなどでの「バブル・アンド・シール」や「ファクトリー・サンドボックス」が柱だ。…

関連国・地域: タイ日本
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者9658人、前日比1200人増(28日)(15:19)

テイクオフ:夜も明けきらぬ朝まだき…(10/28)

続く降雨、企業は対策が急務 バンコクの大洪水は可能性低く(10/28)

新規感染者8452人、死者は57人(27日)(10/28)

PACO、カーエアコン部品でOEM契約(10/28)

BMW、クルーザーバイク「R18」新型発売(10/28)

3空港高速鉄道は4年で完成=EEC事務局(10/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン