• 印刷する

ホーチミン市で移動ミニスーパー、バス活用

グローブが手掛ける移動式ミニスーパー(同社提供)

グローブが手掛ける移動式ミニスーパー(同社提供)

ベトナムで生鮮食品流通を手掛けるグローブグループが、ホーチミン市内でバスを改造した「移動式ミニスーパー」事業を開始した。新型コロナ感染防止に向けた規制で食料調達が困難な人などへのライフラインとして機能させている。

移動式ミニスーパーは4台を導入。野菜や果物、肉、牛乳、卵、乾麺、コメなど約50種の食品を、各地をめぐり販売する。バスの近くにはテントを設営し、少量の野菜や肉を求める人が手早く買い物できるようにしている。

客はバスの前扉から入店し、後扉の前で会計。一方通行で、一度に入店できるのは2~3人に絞る。店内でも2メートル以上の距離を保たせ、2時間で約100人が買い物できる。

移動式ミニスーパーは市商工局の要請で実現した。貧困層など1,000人には30万ドン(約1,440円)相当のクーポン券を無料で配布する。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料運輸小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

景況指数、先行きに薄明かり SMBC調査、8月は大幅低下(10/15)

市中感染4147人増、4波累計84.9万人(10/15)

今年の成長率2~2.5%、世銀が下方修正(10/15)

ホーチミン市、低コスト住宅100万戸を検討(10/15)

国内線の需要低迷続く、各便が運休(10/15)

バンブー航空、米定期便の運航会社に指定へ(10/15)

カンボジア航路貨物、とん税など大幅引下げ(10/15)

第2回国会は20日開幕、来月13日まで(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン