• 印刷する

海外のワクチン接種記録、国内で登録可能に

新型コロナウイルスワクチンの海外での接種記録が、シンガポール国内で登録できるようになった。オン・イェクン保健相が、自身のフェイスブックで明らかにした。

同相によると、海外でワクチンを接種した人には、政府指定の診療所で接種記録を提示するとともに、血清検査(抗体検査)を受けてもらう。陽性結果が出れば、保健省が管轄する診療サービス「ヘルスハブ」のアプリや、接触者追跡アプリ「トレーストゥギャザー(TT)」に接種記録が登録される。

米ファイザー製やモデルナ製ワクチンの接種記録の場合、登録にかかる所要日数は約2日となっている。世界保健機関(WHO)が「緊急使用リスト」に掲載したこのほかのワクチンの場合は、ヘルスハブのアプリだけに反映されるが、今月末までにはトレーストゥギャザーにも登録される見通しだ。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:図書館に通うのが日課に…(06/29)

脱炭素化3戦略、テマセク提示 東南アジアのグリーン経済(下)(06/29)

【食とインバウンド】日本のハラールトラベル2.0 第36回(06/29)

イスラエル企業、経済開発庁と提携(06/29)

ポストコロナ行程表作成へ、経済・雇用重視(06/29)

AIAと経営大、保険数理の人材育成で提携(06/29)

ナイトライフ事業者や娯楽施設、48店摘発(06/29)

総司令官の息子、ロシア産石油の輸入を計画(06/29)

新型コロナ、12歳未満で初の死亡例(06/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン