AIベンチャーのiKala、日本進出へ

台湾を拠点とする人工知能(AI)スタートアップの愛カ拉互動媒体(カ=上の下にト、iKalaインタラクティブメディア)は9日、年内に日本事務所を開設する意向を明らかにした。海外市場開拓の一環として、日本市場を深耕する。中央通信社などが伝えた。 創設10周年を記念し…

関連国・地域: 台湾日本
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾で話題のネットフリ…(01/20)

三菱UFJ、環境融資に注力 台湾上場企業など7社に600億円(01/20)

【アジア本NOW】『K−POP時代を航海する コンサート演出記』(01/20)

新型コロナの域内感染、19日は10人(01/20)

高力熱処理工業、従業員2人が感染(01/20)

ヒーロー、台湾の電動二輪ゴゴロに出資(01/20)

入境手続き前のコロナ検査、インドなど追加(01/20)

台北市、小中高校の冬休みイベントを禁止(01/20)

聯発科技が6G白書、27年にも標準規格発表(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン