【人事管理指南】第101回・世界最高水準の韓国最低賃金

先月12日深夜の最低賃金委員会の議決で、来年1月1日からの最低賃金の時給が、5.0%の引き上げ率の9,160ウォン(約870円)になりました。文在寅(ムン・ジェイン)政権5年間で41.6%も上昇したことになります。前の朴槿恵(パク・クネ)政権4年間の33.1%、前々の李明博(イ…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ新規感染者、2008人増(09/19)

ワクチン1回目42.8万人増、接種率69.0%(09/19)

技術革新指数、韓国がアジア太平洋1位に(09/22)

JKN、通信インタッチの通販合弁を買収(09/22)

経済再開遅れで投資戻らぬ恐れ、米欧韓4団体(09/21)

RCEPに大統領署名、上院承認へ(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン