暗号資産犯罪が急増、上期は2.4倍の496件

香港警察によると、2021年上半期(1~6月)の暗号資産(仮想通貨)に関連した犯罪認知件数は496件で、前年同期の208件から約2.4倍に増えた。被害総額は前年同期の5倍超となる2億1,440万HKドル(約30億1,800万円)に達した。2日付スタンダードなどが伝えた。 被害額が最大だっ…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:甘党にとって中秋節はう…(09/23)

住宅問題、業界に圧力じわり 政策の焦点に、中央が介入説も(09/23)

企業・個人への融資支援、6カ月延長(09/23)

香港社など3者、洋上データセンター建設へ(09/23)

反発、ハンセン指数は0.5%高=香港株式(09/23)

工銀アジア、ブロックチェーンで信用状取引(09/23)

2日で2人感染、域内ゼロ=計1万2167人(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン