• 印刷する

テイクオフ:タイガーバーム・ガーデ…

タイガーバーム・ガーデン(虎豹別墅)の跡地に行ってみた。前世紀末に閉鎖され、2年前から再び一般公開されている。とはいえ、現在では音楽教室などとして使われている邸宅と庭園の一部が残るのみで、その悪趣味さで多くの観光客の度肝を抜いたオブジェの数々は既にない。

もともとは、軟こう「タイガーバーム」で富を築いた胡文虎氏が1936年に建てた私邸。後にデベロッパーの手に渡り、大部分が取り壊され、再開発されて今に至る。見に行こうと思い立ったのは、最近になって肩こりが悪化し、タイガーバームのお世話になったからだ。

見どころがほとんど何もなかった観光を終え、ネットでかつての庭園の写真を探した。奇想天外な極彩色の氾濫。作り手の意図は理解できないが、少なくともこの世界観に身を置けば、肩こりとは無縁になれたのではないかと残念に思った。(港)


関連国・地域: 香港
関連業種: 医療・医薬品観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

4カ国から入国禁止、日本は対象外(09/17)

失業率改善で5%割り込む 約1年半ぶり、6~8月が4.7%(09/17)

子どものワクチン接種は1回で、政府専門家(09/17)

新規感染ゼロ、2週間ぶり=累計1万2149人(09/17)

続落、ハンセン指数は1.5%安=香港株式(09/17)

本土から香港債券への投資、普及には時間も(09/17)

シティバンク香港、中環の店舗を売却(09/17)

住宅PF、香港ランドと高級一戸建て2件目(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン