チン州行政委、8月に酸素ボンベ工場を建設

ミャンマー北西部チン州の行政当局は、8月に同州内に酸素をつくる工場を設置するとの方針を明らかにした。容量40リットルの酸素入りボンベを1日200本生産する。グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが7月30日伝えた。 ハカとマトゥピの両群区にある公立の医療機関に工…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

スー・チー氏無罪主張、刑法違反で正式起訴(18:58)

陽性率8.2%に低下、死者数は73人に(18:23)

軍が経済計画、「改革」後退 SEZ追加や民営化が抜け落ち(09/22)

パーム油販売を統制、チャット安で中銀方針(09/22)

金業者協会、取引量を1日10ティカルに制限(09/22)

チャウピュー開発、中国側が調査開始で契約(09/22)

スー・チー氏、防衛戦開始に「意見」示さず(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン