アショク、英スイッチ通じ電動車事業を推進

インドの商用車大手アショク・レイランドは、英国子会社のスイッチ・モビリティー(旧オプタレ・グループ)を通じ、電動車事業を推進していく。既に1億3,000万米ドル(約143億円)余りを投じ、電動の商用車やバスを開発している。28日に投資家向けの説明会で明らかにした。 スイ…

関連国・地域: インド欧州
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

コタック、VW金融部門の車ローン事業買収(19:39)

日本入国時の待機期間短縮、タイなどはなし(09/18)

車生産奨励策、業界が歓迎 電動二輪に追い風=専門家(09/17)

家電の生産奨励策、日本企業含む52社が申請(09/17)

地場PG、エアコン部品生産でPLI申請(09/17)

MGモーター、米フォードの工場に関心(09/17)

MGモーター、中型SUV「アスター」発表(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン