鉱工業生産、7月は2.2%上昇 減速鮮明、操業規制で綱渡り

ベトナム統計総局(GSO)によると、7月の鉱工業生産指数(IIP)は前年同月比2.2%上昇した。5カ月連続で増加基調を保ったが、伸び率は3カ月ぶりに1桁台に落ち込んだ6月の4.9%をさらに下回り、減速傾向が鮮明だ。南部ホーチミン市が7月中旬から新型コロナの集団感染防…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 自動車・二輪車電機食品・飲料医療・医薬品化学繊維鉄鋼・金属農林・水産その他製造IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

週末の市中感染3.1万人増、4波累計68.3万人(20:54)

中国のTPP加入申請、東南ア経済に寄与も(16:53)

【ウィズコロナ】「数学学習はAIにお任せ」 韓国エドテック熱く(下)(09/17)

2大都市、経済そろりと再開 4波収束見えず、新常態手探り(09/17)

市中感染1万人増、4波累計65.2万人(09/17)

3Q成長率はマイナス1.2%予想、地場証券(09/17)

内需拡大の財政出動が必要、世銀ベトナム(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン