• 印刷する

現代自、グルガオンの新本社ビルが完成

吹き抜けで開放感のある新本社ビル内部=27日、インド北部グルガオン(NNA撮影)

吹き抜けで開放感のある新本社ビル内部=27日、インド北部グルガオン(NNA撮影)

韓国・現代自動車のインド法人ヒュンダイ・モーター・インディア(HMIL)は27日、インド北部ハリヤナ州グルガオンに設けた新本社ビルをお披露目した。建築面積は2万8,000平方メートルで地上5階建て。50キロワットの屋根型太陽光発電パネルや電気自動車(EV)の充電施設を完備した。

新本社ビルはグルガオンのセクター29に設置した。同日行った落成式には、ハリヤナ州のラル首相が出席。HMILのキム社長兼最高経営責任者(CEO)は声明で「インドでの25年の実績を生かして、グルガオンの中心部に最先端の新本社ビルを完成させた」とコメントした。

ビルの壁には400平方メートルにわたり植物を配した「グリーン・ウォール」を設置し、太陽光発電を導入するなど環境に配慮した。従業員の健康を守るため、ビル内には体温スキャン設備を、従業員のロッカーには紫外線(UV)を使った消毒機能をそれぞれ完備している。

HMILはインドに累計40億米ドル(約4,406億円)を投資。国内の17カ所に事務所を持ち、サービス拠点の数は2,449カ所に達している。

駐車場には14台分のEV充電設備を完備=27日、インド北部グルガオン(NNA撮影)

駐車場には14台分のEV充電設備を完備=27日、インド北部グルガオン(NNA撮影)


関連国・地域: 韓国インド
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:世界の多くの国ではサッ…(09/23)

電動オメガが初の四輪商用車 貨物需要に対応、年内予約開始(09/23)

ソニー、現法と地場放送が合併に向け交渉へ(09/23)

アジア21年成長率引き下げ、7.1%予想(09/23)

アカツキ、日本のアニメ・キャラをインドへ(09/23)

フォード西部工場、従業員が生産停止に抗議(09/23)

二輪車販売不振、登録台数全体の7割に低下(09/23)

タタ自、10月に商用車値上げ(09/23)

地場二輪ローン、中古二輪車の販売に参入(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン