税制改正案、3年ぶり減税の恩恵は大企業

韓国政府は26日、2021年税法改正案を発表した。それによると、22年からの5年間で税収額は1兆5,050億ウォン(約1,440億円)減る見通しで、特に大企業の税負担の軽減効果が大きい。税収が減少するのは3年ぶり。 政府は新型コロナウイルス感染症による危機の克服をはじめ、「国家…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者1684人、7日連続2千人未満(10/15)

ワクチン完了45万人増、接種率62.5%(10/15)

全国のコロナ警戒レベル、10月末まで延長(10/15)

現代自、鄭義宣体制1年 炭素中立実現へのシフト加速(10/15)

新規感染者1940人、6日連続2千人未満(10/15)

ワクチン完了41万人増、接種率61.6%(10/15)

自動運転協会が正式発足、官民一体で推進(10/15)

現代トランシス、次世代車向けシート開発へ(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン